2年」カテゴリーアーカイブ

2年生 トライやるウィークを終えて(R1.11.11~15)

西楽保育園に行って

私は西楽保育園に行ってたくさんのことを学びました。その中でも特に心に残った事は、どれだけ子どもたちのことを考えて行動できるかということです。私が1日目のトライやるウィークに行った時の給食時のことです。子どもがお汁をこぼしてしまい、私はすぐに助けてしまいました。すると先生が「助けないでください。」と言われて、とても疑問に思いました。するとまたすぐに先生が、「理由はね、自分がしたことを理解して、次失敗しないようにするためだから。」と言ってくださり、とても心に残りました。それを教えてくださり、あと4日間頑張りましたが、やっぱり難しくて手伝ってしまうこともありました。なので、改めてお仕事は楽しい時もありますが、とても難しいということがわかりました。また、改めてすごいと思いました。将来どんなお仕事についても、このトライやるウィークで学んだ事を生かしていけたらいいと思いました。

2年生 マナー講座を終えて(R1.10.18)

このマナー講座を終えて、もう一度マナーについて考えることができました。トライやるウィークでも受け入れ先の方に好印象を与えられるように、メラビアンの法則の3つ、三美人を常に思い出したいと思います。特に私は挨拶に気をつけたいと思いました。普段自分からなかなか挨拶をすることができないので、このトライやるウィークを機に、積極的に挨拶をしたいです。それに、笑顔も忘れず鏡を見ながら練習しようかと思います。立礼の種類にも会釈、普通礼、最敬礼と3つも種類があることに驚きました。この3つの礼を正しく使い分けれるようにしたいです。今日の中で重要だと思ったのは言葉遣いだと思います。トライやる先では、職場の方全員に対して敬語で接するので、変な言葉遣いにならず、ましてや相手の方に対してタメ口で絶対に話さないよう言葉遣いには常に意識したいと思います。11月のトライやるウィークが楽しみになりました。

「みんなちがってタイヘンだ」中村経子先生講演会(12/6)

今日は、男子と女子の意見の違いを知ることができ、楽しいゲームをしながら、人の意見を理解し合うことの大切さを学びました。私は今日の講演会を聞いてたくさんのことを見直すことができました。私はたまに、友だちの意見を聞いているときに「その考え方おかしいんじゃないか」とか「そんなんあるわけない」とか心の中で思ってしまうことがあります。ですが、こういう時は「そう来たか!」と思えばいいことを教えていただきました。

他にも、いじめをしている人・悪口を言っている人・陰口を言っている人は「自分に何か不安なこと」がある人だと教わりました。だから、もしそういうことをしている人がいたら、私は「そんな気にしなくていいじゃん、今のままで大丈夫だよ」と声をかけたいです。

このように、今日のおかげで考え方が変わった所もありました。本当にありがとうございました。大切にしていこうと思います。

合唱コンクール(10/26)・文化祭(10/31)

初めての文化祭で、とてもワクワクしていました。歌では、緊張しつつも いろんな先生方に言われたことを頭に置いてできたと思います。椅子に座っているときは、何とも思わなかったけれどステージに立つと、大勢の人で心臓がドクンドクン鳴り始めました。

そして、ライトがパッと当たった瞬間「ドキッ」としました。卓球場を見て、いつも通り歌うことを心がけました。歌い終えて、ライトが消えたとき、何かから解放されたような感じでした。その後の2,3年生の歌は聴いていて、とても心が落ち着くような歌声でした。自分たちが、3年生になったときに、1年生に上手いなと思ってもらえるように、頑張りたいなと思います。

午後からの演奏や演技はとても楽しく過ごしました。特に深く印象に残ったのは、英語のスピーチでした。手を使いながら、スラスラ言っている先輩の姿は、とてもカッコイイなと思いました。

‥‥時は過ぎ結果発表の時、私は1組かな~と、うっすら思っていました。でも、はじめに1組が呼ばれたときは「おっ、いけるかも」と思いました。さんざん先生に4組が上手いと言われていたので、なんだかスカッとしました。また、来年の文化祭が楽しみです。

2年生 ものづくり体験学習(5/30)

2年生男子

今回ものづくり体験学習に参加しました。僕がつくったのは銅板アートというものです。これは自らの手で道具を使い銅板を変形させ、きれいな形にしていくと完成します。中でも驚いたことは、銅板に化学反応を起こして黒くするところです。あんなにすぐに変化するとは思っていませんでした。また、作業をしているうちに、ものすごく手が痛くなりました。講師さんたちの話によると、普段から全く使っていない筋肉を使うから痛くなるそうです。

僕は今回の体験で教えてもらったことがあります。それは、ものづくりをするときに楽なことは全くないと言うことです。講師さんには、その楽ではないところ、もう少しで仕上がるという峠を乗り越えた先に感動や達成感があるということを教えてもらいました。僕たちがこれから経験していくことの中には辛いことやしんどいことが多くあると思います。でも、コツコツ少しずつ目標に向かって努力した結果、大きな感動と達成感が得られると思います。この先の生活では、今日学んだことを活かして頑張っていきたいです。

2年生 救急救命講習を受講して(5/15)

◎1組女子

私は今日の救命講習会で胸骨圧迫の大切さがわかりました。救急車が来るまでの時間、今日学んだ胸骨圧迫や人工呼吸・AEDなど自分が出来る最大限のことをやるのが大切だと思いました。5㎝下に下がるまで押すのは結構大変でした。他の人を呼んで助けを求めるときも、人の命がかかっていることだから恥ずかしがらず大きな声で呼ぼうと思いました。私も部活動でテニスをしているので、友達がケガをしたり、熱中症で倒れてしまったりするときもあると思います。でも、そんな時はあせらずにこの救命講習で学んだことを思い出していかそうと思います。普段、AEDを触ったり、胸骨圧迫の仕方を教えていただくことはなかなかないので、とても貴重な良い経験になりました。

◎6組女子

救命講習をうけて、あらためて自分の命・人の命の大切さを学びました。119番通報してから、救急車が到着するまでに平均でも8分かかります。短いと感じている人もいると思いますが、このたった8分間で自分がどれだけ今できることを命を救うために出来るかが大切だと感じました。もしも自分がそういう場面に遭遇したときは落ち着いて、今日教えていただいたことをいかして頑張りたいです。私は、今回の講習をきっかけに大切にしたい言葉があります。それは救急隊員の方がおっしゃっていた「一人より二人で、二人より三人で」という言葉を大切に、人の役に立つことを自ら見つけて、友達と協力して実行していきたいです。

新学年になって

※新学期になり3年生213名、2年生214名、新入生209名を迎え、合計636名でスタートしました。それでは、各学年の「新学期の抱負」を紹介します。
◎1年生女子
私は中学生になるとき、ワクワクさよりも不安しかなかったです。正直今も不安なことばかりで、友達と一緒じゃないと、今自分がしていることがあっているのか不安になります。だからこの義務教育最後の3年間で高校生になっても困らないように自分で考えて、自信を持てるようにしたいです。不安な事はたくさんあるけど、もちろんうれしかった事もあります。それはちがう小学校の子と友達になれたことです。前まではずっと同じ学校の子としか話さなかったけど、一度話しかけてみたら、いつの間にか普段からたくさん話すようになっていました。でも、まだクラスの子全員と話せるわけではないので、もっとたくさん話しかけて、クラスの子とは誰でも話せるようになって、不安のないクラスや学年にしたいです。また、委員会など、初めてですごく不安だけど、みんなと協力して、たくさん働いてがんばりたいです。これから大変なこともたくさんあると思うけど、たくさんの友達や思い出をつくり、2年生に向けてがんばります。一番大事な勉強も、私は習い事があって塾には行けないので、その分家でがんばります。
◎2年生男子
2年生になって先輩という立場になりました。昨年までは後輩という立場だったけど、今度は見られる側になります。なので、龍野東中学校のルールをしっかり守っていい手本になれるようにしたいです。逆に3年生を見る立場でもあります。3年生のいいところや真似したいところを見つけて学びたいです。2年生では、1年の3学期と同じで委員会に入りました。1学期は特に大きな行事はありませんが、体育の時の体操や与えられた仕事を一生懸命がんばりたいです。クラス目標にもあるように何事にも全力を尽くしてがんばって、できないことはクラスのみんなで協力していいクラスにしたいです。体育祭や文化祭、球技大会もあるので、クラスのみんなで力を合わせて優勝したいです。
◎3年生女子
私が3年生になって頑張りたいことは、家庭学習を毎日コツコツとやっていくことです。今まで、テスト前しか家で勉強をしていませんでしたが、あっという間にくる受験に向けて勉強していきたいです。今回の春休みの課題もギリギリになって焦ってしまったので、これからの勉強は計画的に効率よくやっていけたらなと思います。 1年生や2年生の間にできた苦手分野も克服して、みんなに勉強でおいていかれないようにしたいです。 また、龍野東中学校の最上級生として、恥ずかしくないよう、一つ一つの自分の行動に責任を持ちたいです。学校での生活態度はもちろんのこと学校以外のことでもきちんとして、中学校生活最後の行事を楽しんで、最高の3年間にしたいと思います。

3年生「お役に立ち隊」、ありがとうございました!

 卒業を前にして、3年生の有志で「お役に立ち隊」が結成されました。校舎内の清掃や図書室整理等、学校のために多くの仕事をやってもらいました。母校への感謝の気持ちが表れた行動で、その機敏な動きにとても感心しました。このようなことが、後輩たちに引き継がれていくことを期待しています。本当にありがとうございました。

3年生を送る会、大成功!  (3/1)

 3月1日(木)に「3年生を送る会」が行われました。午前は、「いいむろなおき」さんによるパントマイムショーがあり、楽しさだけでなく、パントマイムを通して「相手のことを考える大切さ」「想像力で自分の頭の中にあるものを広げることの大切さ」など、多くのことを教えていただきました。午後は、3年間の思い出をスライドで振り返り、楽しい時間を過ごすことができました。
 さらに、今回、この3月末でご退職される福田校長先生へのサプライズ企画がありました。谷口前生徒会長から校長先生へ感謝状を贈呈するとともに、色画用紙で「アリガトウ!」「38」(38年間という意味)という文字を全校生で作り、校長先生へ感謝のメッセージを送りました。 感謝と感動の素晴らしい1日でした。
 

○谷口生徒会長が卒業生を代表してのお礼のメッセージを紹介します。

「私たち3年生のために、素晴らしい送る会を開いてくださり、ありがとうございました。午前の『いいむろなおき』さんによるパントマイムは、実際に数名がステージの上に立って体験したり、椅子に座っていてもできるパントマイムを全校生でやったりと、見ている方もする方も楽しかったです。早速、お昼休みにパントマイムをやっている生徒もいて、全員が楽しむことができたのではないかと思いました。午後の部のスライドショーでは、私たちでさえ忘れていた3年間の思い出が懐かしい写真とともに振り返ることができました。懐かしいと思えるほど、この3年間たくさんのことがあったんだなと感じました。また、今まで、お世話になった先生方からのメッセージも受験生の私たちにとって、心に残るものがありました。送る会の当日、舞台の上には、「ありがとう 3年生」という横断幕がありました。よく見てみると、1、2年生の皆さんが小さな紙にメッセージを書き、それを寄せ集め「ありがとう 3年生」の文字になるように並べられていました。皆さんの気持ちがとても嬉しく、感動しました。生徒会執行部をはじめ、1、2年の在校生の皆さん、本当にありがとうございました。」

○生徒会執行部からのメッセージを紹介します。
3年生を送る会では、ご協力ありがとうございました。今までは3年生への会だけでしたが、今回はサプライズ企画として、校長先生に生徒全員で感謝を伝え、生徒だけでなく先生方も感動できる素敵な会になり、大成功で終わることができました。1、2年生の皆さんが素早く移動してくれたり、私語をすぐにやめてくれたりと、スムーズに進行することができました。。また、校長先生へのサプライズ企画では、本番を成功させるために、皆さんが私たちの話をしっかりと聞いてくれたり、練習などに協力してくれたりしたので、上手く進行させることができました。本当にありがとうございました。
 全員で作り上げたメッセージカードは、3年生の先輩方にとても喜んでいただけたと思います。今まで、龍東を引っ張っていってくださった3年生の皆さん、本当にありがとうございました。先輩方のおかげで、多くの学校行事などが成功し、それが伝統となってきています。これから、私たち在校生は、先輩方が築いてこられた素晴らしい伝統を引き継いで頑張っていくつもりです。卒業しても何事にもチャレンジして頑張ってください。先輩方のご活躍を期待しています!

新入生説明会(小6対象)(2/7)

 2月7日(水)、本校にて小6(新中1生)対象の新入生説明会を実施しました。11月に「人間関係づくりプログラム」を本校で実施したので、ほとんどの児童は、今回が2回目の来校になります。内容は、保護者対象の説明、児童対象の授業体験、全体説明でした。授業体験では、児童は9グループに分かれ、それぞれの教科(国、数、社、理、英、音、技など)の授業を受けました。
 また、全体説明(児童・保護者とも)では、生徒会執行部生徒がファッションショーを交えながら、説明をしてくれました。小学生からの積極的な質問もあり、非常に充実していました。小6生が、龍東に入学し、さらなる力を発揮してくれることを期待しております。

※保護者(小6)の皆様、お忙しい中ありがとうございました。