県新人大会(野球部)準優勝!(10/22・23)

 10月22日(土)、23日(日)の2日間、神戸あじさいスタジアム北神戸にて、軟式野球の兵庫県中学校新人大会が行われました。本校野球部12名が、西播地区代表として出場し、県で準優勝という成績を収めることができました。

 開会式では、中塚君が素晴らしい選手宣誓を行い、大会を盛り上げてくれました。1回戦は春日中(丹有地区代表)と3対0で、2回戦は北淡中(淡路地区代表)と2対1で、勝つことができました。決勝戦は神戸地区の大原中と対戦し、0対2で惜しくも負けてしまいました。顧問の先生と部員が一丸となって、粘り強く、地道な練習を重ねてきたことが、今回の結果に結びついているように感じました。次は、夏の大会です。この悔しさをバネに、さらなる頑張りを期待しています。「継続は力なり!」

 それでは、キャプテンの中塚くんからのメッセージを紹介します。

「僕たち野球部は、夏休みから2年生9人、1年生3人の12人という少ない人数で『県大会優勝』をめざして、日々練習に取り組んできました。新人戦の予選が始まり、県大会優勝をめざして県予選まで勝ち進みました。順調に1回戦と準決勝を勝った後、1回勝てば目標達成のところで負けてしまいました。結果は、準優勝でした。あとひとつの所で勝てないのが、僕たちのダメな所だと思いました。この新人戦は県大会に出て、僕たちがどれほど通用するのか、どのようにしたら勝てるのかを学び、あとは夏に県大会優勝できるように、ここからチーム全員がどう成長していくのかが、大事だと思えた新人戦でした。また、準優勝という結果から、悔しいと思う気持ちを忘れずに、いつかあの舞台に立って勝てるように、これからの練習を頑張りたいと思います。

 最後に、この新人戦を終えて、チーム全員が「悔しい」という気持ちが持てたこと、「次は勝ってやる」という勝負心が芽生えたことは、この大会を終えて全員が思ったことです。この気持ちを絶対に忘れず、これからの大会で、もう一度、あの舞台で勝てるように成長していきたいと思いました。

応援していただいた保護者の皆さん、地域の皆さんをはじめ、多くの方々に応援していただき、ありがとうございました。」