前期生徒会執行部のみなさん、ご苦労さまでした!

 7月20日(水)に、前期生徒会執行部と後期生徒会執行部の引き継ぎを行いました。前期生徒会執行部のメンバーは、少しでも学校が良くなるように、そして、みんなが楽しい学校生活を送れるように、一生懸命頑張ってくれました。本当にご苦労さまでした。

 ここで、前期生徒会執行部の村留生徒会長からのメッセージを紹介します。

  「僕は、前期生徒会執行部の生徒会長をやらせていただいて、まとめることの大変さを学び、また新しいことに取り組む楽しさを実感しました。

 『革命~今までにない試みを~』という生徒会のスローガンのもと、僕たちが取り組んだ中で大きなことが4つあります。

 一つ目は、生徒会メンバーによる手作りの新聞の発行です。これは、生徒会で行っていることを龍野東中学校生徒全員に知ってもらおうと始めました。カラーにしたり、マンガをのせたり、クイズをのせたりと、見ている人が少しでも楽しんでくれるように月に1回のペースで作りました。

 二つ目は、キャップ収集です。キャップを集めることでワクチンや車イスが購入できると聞いて生徒会でも取り組むことにしました。後期生徒会では、厚生委員会というキャップを集める委員会が新しくできました。今後、そこでキャップの他にプルタブやベルマークなども集めていってほしいです。

 三つ目は、龍野東中学校のマスコットキャラクターを作ったことです。全校生徒に募集をかけ、今までにない試みのひとつとして、初めての東中のキャラクターができました。

 四つ目は、スマホアンケートの実施です。全校的に行ったスマホアンケートにより東中生徒の実態が分かってきました。今後、今取り組んでいる『ノーゲーム・ノースマホデー』に加え、何か対策を考えていってほしいと思います。

 後期生徒会執行部のみなさんには、これらのことをさらに発展させ、龍野東中学校のために取り組んでいってほしいです。

 今まで、僕たち、前期生徒会執行部に協力していただき、本当にありがとうございました。」