「スマホ・ケータイ安全教室」で情報モラルを確認!

 7月15日(金)の3・4校時に、兵庫県立大学環境人間学部ソーシャルメディア研究会のメンバー2名に来ていただき、「スマホ・ケータイ安全教室」を実施しました。

 「SNSに潜む危険」、「気づかないうちにトラブルに巻き込まれること、巻き込んでしまうこと」などについて、用意された動画を見ながら、問題点等をみんなで考えました。

 まず、「自分がトラブルを起こさないこと」、「トラブルに巻き込まれないように注意すること」が基本です。もし、「何か問題を起こしてしまったとき」、「どうしたらいいのか困ったとき」には、ひとりで抱え込まず、保護者や先生に「助けて!」、「助けてあげて!」が言える龍野東中生であってほしいと思います。

 また、スマホやケータイは、便利なツールである一方、安全に使うためには、ルールやマナーを守り、危険な目にあわないための使い方を知ることが必要です。インターネット上には、いろいろなサイトがあり、危険なものがいっぱい存在するのも事実です。フィルタリング機能等を利用し、トラブルから自分を守りましょう。