「共に考える福祉のこころ」

 うだるような暑さの中、福祉講演会(7/6体育館で実施、2年生対象)が行われました。生徒たちは、真剣に講演に耳を傾けていました。

「私は、今日まで『福祉』とは老人ホームなどで、お年寄りの世話をすることだと思っていましたが、人がしあわせに良い人生を送ることができるようにすることだと知りました。」、「私は、今けがをして周りの友だちに手助けしてもらって生活しています。心からありがたいと思っています。いつかは自分で全部できるような大人になりたいです。」、「福祉という仕事は、僕がイメージしていた事と全く違うことでした。福祉の仕事は大変だと言われていますが、現場では働く人は『感動、感謝、感激』の3Kだと言われていることを知り、『とてもいいなあ。』と思いました。」とありました。

 生徒たちの心の成長が感じられ嬉しく思いました。