ホーム » トピックス » 合唱コンクール・文化祭を終えて(R1.10.29, 10.31)

合唱コンクール・文化祭を終えて(R1.10.29, 10.31)

私は中学校生活2回目の文化祭ですごくわくわくしていました。去年は課題曲でピアノを弾きましたが、今年は自由曲で少し難しく、そして何より全校生の前ということに人一倍緊張していました。手汗がひどくどうしようと思いましたが、自分を信じて前向きに頑張りました。弾き終えた後緊張感がほぐれほっとしました。ピアノを弾いていてみんなすごく息がそろっていたし、ハーモニーも今までで一番きれかったと思います。今日の文化祭は「一人残さず幸せになれた」と思いました。 (中略) 約2ヶ月間の練習を通して、みんなで一致団結してするものは何十倍もいいものだと思います。この文化祭は龍東のみんなが笑顔になった行事になったと思います。この企画をしてくれた先生や執行部に感謝です。(2年女子)

 

文化祭、合唱コンクールを終えてだんだんと中学校生活が終わりに向かっていることを強く感じました。体育祭が終わったときは「まだ文化祭がある。」そんな気持ちでした。しかし、文化祭が終わって月も変わり11月になると、朝や夜の寒さが冬を知らせてきて寂しくなります。でも、それでも文化祭や合唱コンクールで練習した時間はすばらしく、貴重でずっと胸にしまっておきたいものです。合唱コンクールの前に目標を決め、そこからみんなの気持ちが上を向いたと思います。目標を決めるまで、正直僕はそんなもの決めたってどうにもならないだろうと思っていました。 (中略) 合唱を通して、最初からあきらめない。目標を決めることの大切さ、つまり「信じる」ことに気づきました。今ではこの曲でよかったと思っているし、この曲が好きになりました。人生でこうやって合唱することがあるかわからないけど、かけがえのない時間を過ごせました。残りの時間をこのクラス、学校のみんなと大切にしたいです。(3年男子)